Shop News
お役立ち情報
絵本 News
おもちゃ News
アクティビティー
WEB Shop News
PonoLipo Channel

NY Joyの子育てエッセイ<1> 〜ニューノーマルな日常を生きる〜 世界が変われば言葉も変わる

~ ニューノーマルな日常を生きる ~

世界が変われば言葉も変わる

 

 英語のビジネスレターの最後を締めくくる常套句は、いろいろあります。「Sincerely」「Best Regards」「All the best」などは、皆さんもお馴染みなのではないでしょうか。どれを使っても意味は、ほとんど変わりません。「Thank you and goodbye」です。日本語には「よろしくお願いします」という、とっても便利な言葉がありますよね。「どうもありがとうございます。これからも一緒にお仕事して行きましょうね」という意味合いですよね。

 

 私は、自分の仕事の時、メールの最後をシンプルに「Thank you」で締めくくります。その方が率直で、プロフェッショナル過ぎない感じがするからです。今、私はブルックリンに住んでいて、周囲には、中南米の国々から移民してきた人達が、ご近所に多く住んでいます。そうしたカリビアンの隣人達には、先祖が移民してから代々住んでいる人達も多く、若い家族から年老いた家族まで、さまざまな世代の人達がいます。彼らの大半は、敬虔なクリスチャンで、教会に行き、祈りを捧げる暮らしを今でも続けています。パンデミックが起こる以前から常日頃、彼らは、メールの最後を締めくくる「さようなら、ごきげんよう」という意味合いの言葉として「You are in my prayers(ご無事をお祈りしております)」とか「Have a blessed day(神のご加護を)」というフレーズをよく使っていました。「お祈り」とか「神のご加護」という言葉は、宗教的なニュアンスが強過ぎて、同じクリスチャンの私でも、日常的な常套句として使うのは、ちょっと抵抗がありました。正直私自身は、それほど敬虔なわけではないので、お返事の時に同じような挨拶を返すことに、かなり違和感を感じていました。

 

 ところが、このCOVID-19のパンデミックが起こり、新しい世界に突然暮らすことになってみて、メールを送る時に、いつもの使い慣れたシンプルな「Thank you」を締めくくりの言葉にするのでは、今の私の心情を十分に上手くは伝えられないなと感じるようになりました。いくつかのメールのやり取りの中で、私の中に湧き上がる強い思いを込めることができないもどかしさを感じていました。そんな時「You are in my prayers」というフレーズが、相手の幸運を願う、私の強い気持ちを伝えるのに、また「Have a blessed day」というフレーズが、このコロナ禍の中を相手が無事生き延びてくれることを祈る私の心境を伝えるのに、ぴったり来るということに気がついたのです。

 

 このパンデミックは、私たちが日常使う言葉さえも変えてしまっている、そんな影響に気づくことはありませんか。この大変な苦難の中を共に乗り越えていこうとする大切な人に対して、以前よりもずっと深い思いと繊細な配慮を込めて、言葉を発するようになったとは思いませんか。

 

LIVING THE NEW NORMAL
Valedictions in the Post-Pandemic World 

 

  There are many ways to end a letter or an email, which is more common today. “Sincerely” “Best Regards” and “All the best” are probably some of the more common phrases you might see in a business setting. They all mean pretty much the same, variations of “thank you and goodbye.” In Japanese we have a very useful phase,  宜しくお願いします. It’s a convenient phrase that sums up “thank you and I hope we continue to do business together.”  

 

    I usually end my emails with a simple “Thank you.” I feel like it’s sincere without being too professional. I live in Brooklyn, NY in a heavily Caribbean neighborhood. Many of the residents have lived here for generations and there’s a healthy mix of young and old families. Many of the older people still go to church and are devout Christians. When I communicate with adults in my neighborhood and with my children’s teachers, I have noticed that they use “You are in my prayers” or “Have a blessed day.” “Prayers” and “Blessings” feel very religious to me and although I identify as Christian, I don’t consider myself a very religious person and have felt uncomfortable reciprocating the greeting. 

 

    However, Covid has changed this. In this new reality, I’ve found that my regular go-to “thank you”s don’t feel like they’re good enough. For some of my correspondences, I don’t feel it communicates the deep appreciation I have for receiving or responding to their emails. I’ve found that “You are in my prayers” helps to let them know that I’m thinking of them and “Have a blessed day” lets them know that I hope that they remain safe and healthy. 

 

   Have you noticed any changes in your everyday language since the pandemic? Have they become more considerate or sensitive to others who are trying to navigate this challenging new world that we are living? 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。