Shop News
ワークショップ&イベント
リトミック
絵本 News
おもちゃ News
PonoLipoこどもLab
Facebookも見てね!

クィールペーパークラフトのワークショップ レポート

台風が近づく雨降りの中、クィールペーパークラフト作家の藤岡美穂さんと、今後のことなど楽しくお話しながら、のんびりとお客さまをお待ちしていると、レインコートに傘をさして小学生の女の子とお母さまが、連れ立っていらっしゃいました。せっかくだからとお母さまも参加されることになり、お母さまはオバケのバッジを、お嬢さまはカボチャのジャックのバッジを作られました。

雨の日曜日の午後、クラフトに熱中する間、とても静かで美しい時間が流れ、お二人とも楽しまれ、気に入られたご様子。お家でも一緒にやろうとキットも買われ、藤岡さんから、いろいろアドバイスを受け、会話も弾みました。

藤岡さんが、このクィールペーパークラフトに出会ったのは、NYのMOMAにあるクィールペーパークラフトばかりを集めた展示室でのことだそうです。たちまち虜になって、ロンドンにあるクィールペーパークラフト関連書籍を出している出版社の本など取り寄せて制作に取り組むようになった経緯など、皆で興味深く伺いました。

クィールペーパークラフトの発祥の地は、中世南仏の修道院だそうで、聖書の製本作業の時に紙を裁断して出る細長い切れ端を使って修道女達が、壁に飾る宗教画の縁飾りを作るようになったのが、発端だそうです。

そうしたクィールペーパークラフトの歴史を伺うと、作業をする時の静謐な空気感や、出来上がったクラフトの繊細で優しい感じなど、なるほどと感じ入りました。

雨降りで、余りお客さまがいらっしゃらない静かな日曜日ならではの、思い出に残る贅沢なワークショップとなりました。

藤岡さんのワークショップは、また来春あたりにお願いする予定です。今回は天候が悪く、ご参加いただけなかった皆さまも、次回はぜひお見逃しなくご参加下さいませ。

ポノリポショップでは、クィールペーパークラフトの初心者用キットや、クィールペーパークラフトの作り方も掲載されているペーパークラフトの英語書籍なども販売しております。ご興味がおありの方は、ご来店の際にお手にとってご覧下さいませ。